掴むべきを掴み、避けるべきを避けられる人生に

益を掴むための行動と、避けられた筈の失敗体験を発信することで誰かのささやかな助けになればと思っています。

サッカー懐かしの名選手① 【トマーシュ ロシツキー】

こんにちは。

 

僕は昔、海外サッカーを観るのが大好きだったんですが、自分が若かった頃に好きになった選手というのは今でも思い入れがあり、思い出したようにyoutubeで動画を観たりすることがよくあります。

 

社会人になり、時間に余裕がなくなるにつれて、試合開始時間に時差のある海外サッカーを観る事がめっきりなくなりましたが、僕以外にもそういう方はきっと多いと思います。

 

なので、今日はそういった方が読んで懐かしくなるような選手について語っていきたいと思います。

 

海外サッカーファン、それも結構昔から観てる方にしかわかりにくい記事なので、コアな需要になってきますが、興味がある方は是非見ていってください。

 

トマーシュ ロシツキー

今日紹介するのは、現役時代ドルトムントアーセナルで活躍したチェコ代表トマーシュ ロシツキー選手です。

 

日本では前田敦子に似ているという何ともあれな理由で一時期話題になりました。

ちなみに個人的に一番好きなサッカー選手です。

 

国籍.チェコ 

生年月日.1980.10.04(プロキャリア.1998-2017 18歳~36歳)

身長体重.178cm.65kg

 

クラブキャリア

スパルタ・プラハ(1998-2001)~ドルトムント(2001-2006)~アーセナル(2006-2016)~スパルタ・プラハ(2016-2017引退)

 

ポジション

ポジションは攻撃的MF。

一番輝くポジションは間違いなくトップ下ですが、ドルトムント時代は4-3-3の中盤でバランサー的な役割を演じたり、アーセナルでもしばらくは左サイドでの起用が多かったです。

代表では一時期ボランチ(表記上はトップ下)に近い位置でプレーしたりとユーティリティな一面もあります。

 

トップ下のイメージが強い選手ですが、純粋にトップ下に近い形で自由にプレー出来たのはクラブではドルトムント初期とアーセナル後期ぐらいで、代表ではネドヴェドの代表引退後の僅かな期間だけだったりします。スパルタ・プラハ時代は試合を観れないのでわかりません。

 

どんな選手?

長所

  • 守備ブロックやラインの間でボールを引き出すセンス
  • プレッシャーを受けながらでも前を向く意識とテクニック
  • プレー判断の早さ
  • ダイレクトプレーの上手さ
  • パスセンス
  • 運動量
  • スピード
  • DFセンス
  • 優れた戦術眼
 
全盛期は素晴らしいボールテクニックとパスセンスはもちろん、運動量に加えてスピードもあり、激しいプレスや異様に上手いスライディング、スピードを活かした1対1での守備の強さまで備えていました。
ゴールに直結するプレーはそこまで多くなかったりしますが、厳しい位置でボールを引き出し、そこから上手く前を向いて相手組織を崩していくプレースタイルは観ていて最高に楽しい選手でした。
 
パス出しはとにかく判断が早い上、ダイレクトプレーでも精度が高く、アウトサイドを多用したり、1テンポずらしてみたりとボールを離すタイミングを読まれ辛い為、チームに大きな変化をもたらす事が出来ました。
 
テクニシャンにありがちな、走らずに足元ばかりで受けたがるタイプではなく、動きながらボールを引き出し、そこからのファーストコントロールも素晴らしく、 当時はこういった選手が少なかったこともあり非常に魅力的でした。
 
さらに、ドリブル中にほとんどボールを見ずに顔を上げていて、味方の動き出しを見逃す事が少ない為、見ていてほとんどストレスを感じない選手でした。

味方との連動、特に攻守共にサイドバックとの連携は素晴らしく、ロシツキーがいるチームのサイドバックは軒並み評価を上げる印象があります。

 

また、サッカーIQが高く、途中出場する際にはその試合の問題点を解決するようなプレーを積極的に行う選手でした。

仕掛ける選手がいなければ積極的に仕掛け、パスが回っていない試合では積極的にボールホルダーをサポートして潤滑油になり、逆にだらだらパスが回っているだけの試合では縦パスを連発してみたり、自らが積極的にスペースに走ったりとアーセナルが劣勢の試合ではロシツキーが出てくると試合が変わるイメージが強かったです。

こういうのは技術はもちろん選手としての引き出しの豊富さがあって出来る業ですね。

 

短所

  • 「怪我が多過ぎる」
  • シュートはあまり枠にいかない
  • 運動量は多いが、試合終盤はガス欠になる事も
 
正直下2つはそこまで大きな問題でもなく、短所としては1つ目の「怪我が多過ぎる」この一言に尽きる選手でした。

ドルトムント時代中期から完全に怪我が慢性化し、数試合おきに細かな離脱を繰り返し、素晴らしいプレーを見せていたアーセナル時代の07-08シーズンに2年近い超長期離脱を経験。

 

復帰後も持ち前のテクニックや戦術眼を武器に長く第一線でプレーしましたが、スピードや運動量、キックの質の低下は否めず、この怪我がキャリアに大きな影を落とす事になりました。

 

得意なプレー

  • トップスピードからの足裏を使った鋭いターン
  • 左サイドからの右足で合わせるピンポイントクロス
  • アタッカーとは思えない激しいスライディング
  • 一気に中央を割って運んでいくドリブル
  • ミドルレンジのスルーパス
 
ドイツW杯のアメリカ戦で決めたミドルにより、ミドルシュートが得意な選手というイメージを持たれていた時期もありましたが、普段はなかなか枠に飛ばない&凄い外し方をしたりも多いので外しました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

出てきた頃はブンデスリーガ史上最高額でのドルトムントへの移籍だったり、当時強かったチェコ代表で若くしてスタメンの座についたりと、かなり期待されていた選手でしたが、怪我が慢性化してからは順風満帆なキャリアとはいかなくなってしまいました。

 

応援する側としても数試合おきに怪我をして、試合開始を待って夜遅くまで起きてた挙句、直前になって知らされるロシツキーはどこどこを痛めたとの事で欠場です」にかなり歯がゆい思いをさせられた選手だったのを覚えていますが、プレーを見るのが大好きでした。

 

大事なところで大きな仕事をしてくれる選手で、アーセナルでの長期離脱から復帰後は毎年のようにシーズン終盤にチームを牽引するプレーを見せ、チームをCL出場圏内に押し上げるプレーを見せてくれました。

現在はスパルタ・プラハのスポーツディレクターを務めているようですが、個人的にはいつかアーセナルに何かしらの形で関わってほしいなあと思っています。

 

 

以上、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

引退した選手の記事を書いてみましたが、現役時代を知るサッカーファンの方が懐かしい気持ちになってもらえたら嬉しいです。

 

このブログではジャンルを絞らず色々な体験記や個人的なお薦め等を書いてますので、よければ他の記事も覗いていってもらえると嬉しいです。

 

ではでは。

 

 

↓関連記事

www.ceska.work

 

 

www.ceska.work

 

 

www.ceska.work

 

 

www.ceska.work