掴むべきを掴み、避けるべきを避けられる人生に

益を掴むための行動と、避けられた筈の失敗体験を発信することで誰かのささやかな助けになればと思っています。

ド素人が動画編集の勉強をしてみた ~プレミアプロ導入1日目~

こんにちは。

 

今日はタイトルの通り全く知識0のド素人が動画編集の勉強を始めた初日の体験記となります。

今、動画編集の副業を考えている方は凄く多いんじゃないかなと思いますが、0から始めるのが不安な方も多いと思うので、そういった方にも参考までに読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

以前記事に上げたんですが、僕自身細かな副業はちょろちょろとやっています。

それで月に数万程度の収入は作れているのですが、そういった副業よりも本命の副業としてかなり前から考えていたのが動画編集代行の仕事でした。

 

ただ、全く知識がなくPCに強いわけでもないので必要スペックがどうとか本当にそんな奴が出来るのかと考えて二の足を踏み続けていました。

 

しかし、そのままじゃいつまで経ってもらちがあかないので、年が明けたら新しいPCを買って始めてみようと決めていたので新年早々PCを購入。

必要スペックはググると色々出てくるのでそれで適当に選ぶとデスクトップで14万程でした。

当然かもしれませんが家電量販店とPC専門店で値段びっくりするぐらい違うので、お店で買う場合は後者で買いましょう。

 

購入後、PCがなかなか届かずちょっと遅れてしまいましたが、今日届いたのでさっそくAdobeのPremiere Proを導入し勉強を始めてみました。

ちなみに料金は月額3000いくかいかないかぐらいの金額です。

まとめて年額払う場合は月額2500ぐらいになるみたいですが、続くかわからないので前者にしました。

 

 

初日はまずYouTubeで初心者向けの動画を見ながらカット、テロップ、BGMの挿入等基本的な編集を勉強しました。

ちなみにPremiere Proのチュートリアルもやったんですが、これはやらなくていいと思います。

というかやらない方がいいと思います。

変に項目いじっちゃって戻したいのに戻し方教えてくれなかったりチュートリアルどころじゃなかったです。

全体的にめちゃくちゃわかりにくいので最初からYouTubeで動画見た方が絶対いいと断言出来ます。

動画自体は色んな方が出してくれているので自分に合うと思った方の動画でいいと思いますよ。

 

簡単な編集をやってみた感じは凄く簡単で、クオリティはともかく基本的な作業自体は1日で出来るようになると思います。

ただ、テロップ入れは想像より遥かにしんどく、全文テロップ入れなきゃいけない案件とかはめちゃくちゃ大変だろうなーとか、仕事を受注する前から萎えてしまいました。

ちなみに慣れてないのもありますが5分ぐらいの動画のテロップ入れに普通に2時間ぐらいかかりました。

カットとBGM、SEの挿入なんかは素材を決めてしまえば挿入自体はそんなに苦労しないと思います。

 

一通り基本が終わったらエフェクトを一つだけ覚えて初日の勉強は終わりにしました。

エフェクトの種類が尋常じゃないぐらいあるので明日からは地道に一つ一つ習得していきます。

 

 

勉強がひと段落ついたところでクラウドソーシングのサイトで動画編集の案件を見てみると結構たくさんありましたが、数百円とかひどい条件の案件も多くて、何より募集に対して応募が多すぎて不安になりました。(募集1人に対して応募50とか)

今、インフルエンサーの方々が結構推してる副業なので人が流れ過ぎてる感は あるかもしれませんね。

せっかく手を出したからにはそれ以上に動画投稿者が増えていくと信じたいです。

 

今から始めようかと考えている方はこの辺も先に見ておいた方がいいかもしれません。

僕が仕事をとれる日は来るのだろうか… 笑

 

初日少し勉強した感じだと、エフェクトを使わないシンプルな編集であれば割とすぐに、それこそ3日もあればスムーズに出来るようになるんじゃないかと思います。

ただし、仕事を受注するには競争率が高く、簡単な案件であっても一通りのスキルがないと選ばれるには厳しそうな感じがしましたね。

編集作業自体は楽しく、無料のソフトもあるので、全くの未経験であっても身構えずに始めてみるのも有りじゃないかなと思いました。

 

 

以上、これから動画編集の副業を考えている方の参考になれば幸いです。

長々と読んでいただいてありがとうございました。

また暇なときにでも読んでもらえたら嬉しいです。

 

ではでは。

株式投資を始める気がなくても証券口座は作るべき

こんにちは。

 

今日は「株式投資を始める気がなくても証券口座は作るべき」というテーマで語っていきます。

 

 

さっそくですが、 皆さんは株式投資についてどんなイメージを持っていますか?

「とんでもない大金を稼げる可能性がある」というポジティブなイメージもありつつ、それ以上に「大損をする可能性がある怖いもの」とか「頭がいい人しか出来ない」とか「ずっとパソコンの画面とにらめっこ」とか、とにかくハードルが高くて取っつきにくいイメージの方も多いんじゃないでしょうか?

 

僕はずっとそういうイメージを持っていて、「ちょっとやってみたいけど怖いなあ難しそうだなあ」と敬遠していました。

割とそういう方が多いのか日本人の株式投資人口は約13%しかいないそうで、7、8人に1人という割合です。

正直、個人的な体感でいうとそれでも多く感じますし、恐らく普通の会社に勤めてる普通のサラリーマンに絞ればもっと少ないんじゃないでしょうか。

 

 

僕はようやく去年から始めてみました。

実際やってみると、もちろん大損する可能性はあるとわかりましたし、実際に大損もしました 笑

やり方によっちゃそれこそ破滅に向かうレベルの人もいるって事が実感としてわかります。

 

ただ、信用取引をせずに現物で取引をする分には、投資したお金以上の損失は出ないですしリスク管理は十分可能です。

それに、頭がよくないと無理という事もないですし、一日中デイトレードするとかでもない限りはずっと画面見てなきゃ駄目ってこともないです。

 

個人的には「あ、そこまでハードルが高いものでもないな」と思いました。

今のところはそれなりの利益も出しながらやれてますし、何よりめちゃくちゃ楽しいので始めるのが遅くなったのはかなり強く後悔しています。

 

と言いつつ、じゃあ人に薦められるかというとそれも違う感じがします。

「はっきりしねーな」と思うかもしれませんが、やはり大損する可能性がある以上他人に手放しで薦められるものではないんですよね。

 

それでも、タイトルの通り株式投資を始める気がなくても証券口座は作るべき」というのは凄く思っていて、これからその理由を話していきます。

 

 まず、生活にそれなりに影響を与えるような大金が手に入るチャンスというのはそうそうないと思っていて、それが百万単位なのか数十万単位なのかはそれぞれの置かれた環境で違うにしても、普通の20万円台の給料で仕事をしている普通の人からしたら数十万円を給料とは別に得られれば非常に大きいでしょう。

でも、残念ながらそういうチャンスというのは極めて分の悪いギャンブルを除いて世の中にはそんなにないと思います。

 

ところが、株式投資に関しては当然リスクは伴う前提ではありますが、数十万のプラスを得るチャンスというのはゴロゴロ転がっています。

そして、数十万どころではない、もはやリスクがどうこうの次元じゃない銘柄もあって、それは人生を変えうる大きな、本当に大きなチャンスです。

 

過去の例でいえば、有名なところでガンホーがあります。

パズドラで一躍有名になったゲーム会社ですが、パズドラ発売から少し間をおいて株価が一気に動き出し、当時180円だった株価は約10ヵ月の時をかけ13000円にまで暴騰しました。

 

実に約72倍です。

 

日本株は基本的に100株から購入できるのですが、仮に180円の時に100株だけでも購入していれば、18000円が130万円になった可能性があるわけです。

 

 

 

100株といわず1万株買っていれば180万が1億3000万ですね。

これだけあればそのお金を配当金投資に回せば働く必要もなくなる額です。

実際底値で買って天井で売るなんて言うのは不可能に近く、数万数十万上がった段階で売ってしまう方が大半ではあるでしょうが、こういった人生を激変させるチャンスが転がっているのが株式投資です。

 

そして、こういった事が一生に一度レベルの出来事かというとそんなこともなく、株価が数十倍にという銘柄はそれなりの頻度で出てきており、30倍以上に暴騰した銘柄は過去5年だけで9銘柄もあります。

 

ガンホーも含めてそのどれも僕は掴めていません。

証券口座を開設してなかったからです。

 

僕が口座を開設した2019年だけでも株価が大きく上昇した銘柄はたくさんありました。

ホープ、レアジョブ、インタートレードコロプラ、ワークマン、中村超硬、三桜工業、霞ヶ関キャピタル、インパクト…思いつくだけでも大量にありますし、いくつかの銘柄は大きな利益をとることが出来ました。(大損食らった銘柄もありますが…) 

当然の事ですが口座がなければこれらのチャンスを掴むのも不可能だったわけです。

 

なので、株式投資に興味がある人はもちろん、敬遠してる人でさえ証券口座だけは開設しておき、世の中を賑わす会社に気づいた時にはすぐに乗れるという準備をしておくべきだと思います。

気づいてから口座開設を申し込んだところで1~2週間待たされますので、ほとんどの場合、状況が全く変わってチャンスではなくなってしまっているでしょう。

 

特にスマホゲームをよくやる人は新作アプリ等の動向に詳しい方も多いでしょうからそこにアンテナを張っておき、株価に注目してみるといいと思いますよ。(ゲーム系の会社は株価が動きやすいので)

 

 

長くなりましたが、株式投資の世界は人生を大きく変えるチャンスで溢れています。

上でも書いた通り、手放しでお薦めはしませんが手を出してみる価値は大いにあると思います。

 

 

以上、長々と書いていきましたが参考になれば幸いです。

また暇なときにでも覗いてみてもらえたら嬉しいです。

 

ではでは。

敷金礼金なしのマンションってどうなの? 体験記

こんにちは。

 今日は敷金礼金なしのマンションについて語っていきます。

 

 

前回、ローコスト建て売り住宅について語っていきましたが、実はそこに引っ越す前は10年ほどマンションに住んでいました。

そのマンションは入った頃は敷金礼金を取っていたのですが、入居から8年ほどで大家が代わり、敷金礼金をなくしました。

なので、実際には敷金礼金なしに変わったマンションなんですが、結構露骨に変化があったので、体験談として語っていきます。

 敷金礼金なしのマンションやアパートへの入居を検討してる方がいたら参考になる部分もあると思うので、読んでいただけたら嬉しいです。

 

で、まぁ…皆さんの予想通りだと思うので先に言いますが、敷金礼金がなくなってからは住民の民度が物凄く下がりました。

 

このマンションに入居した頃は外観もそれなりに綺麗で空き部屋が出てもすぐ埋まっていたのですが、8年が経つ頃には古さを感じるようになり、家賃が若干高めだった事もあり、空き部屋が出てもなかなか入居者が入らないようになっていました。

そんなタイミングで大家が代わり、入居者を増やす為に敷金礼金をなくしたのですが、途端に問題のある住民が増えました。

ちなみにこのマンションで暮らしてきた8 年間の間に不満を感じた事はほとんどなく、とりわけ住民の民度に関してはかなり良好だったのですが激変してしまいました。

 

まず、廊下や共用部で走り回り大声で騒ぐ子供が増えました。

やんわり注意してみたり、管理会社に言って貼り紙等の対応をしてもらっても効果があるのは1、2週間だけでほとんど意味がありません。

「そのぐらいべつにいいじゃん」と思うかもしれませんが、僕は部屋が1階だったので、上階で走り回られたりするとかなりうるさく、仕事が休みの日とかは結構なストレスだったのを覚えてます。

 

子供以外にも残念な人はたくさん入居してしまっていて、新しい住民の一人の車が僕の隣の駐車場所だったんですが、ボロボロの車に大量の作業道具みたいな物を積んでいて、初見で「うわ…なんか嫌な予感するな…」って感じだったんですが、案の定作業道具の出し入れをする際に僕の車にぶつけたらしく小傷を作られていて、一度駐車場で出くわした際に、修理を請求するでもなくやんわり注意すると一応謝ってはきましたが続けて「でもこんなマンションにこんなでけー車停めてるのも悪いだろ」と謎の逆ギレをしてきました。(ちなみに元チンピラっぽい感じのおっさんです)

僕の車はそこまで大型でもないですし、白線内に収まってるのに文句言われる筋合いはないです。

なので、頭おかしいだろと思いつつ今後の事も考えてやんわり、やんわ~りこっちは全く非がない事を主張すると逆ギレがエスカレートして、しまいに「話にならんわ!」と叫びながら自分の車のバンパーを蹴飛ばして帰っていきました。。

その後は一応気を付けるようになったのか小傷をつけられることもなかったですが、単純に腹立ちましたし、めちゃくちゃストレスが溜まりました。

 

全員が全員敷金礼金なくしたから入居してきたわけじゃないかもしれませんが、他にも駐車場でたむろしてゴミ捨ててくDQN家族や、エントランスのドアを蹴って開ける人、ゴミ捨てのルール完全無視する人、自分の車に積もった雪を両隣の他人の車の前に捨てる人等「よくこんな奴ばっか集めたな」という惨状でした。

 

結局そういったストレスが原因で引っ越しを決めたんですが、敷金礼金がなくなるだけでこんな事になるのかと衝撃だったので記事にしてみました。

敷金礼金がないマンション全てがこういうわけではないでしょうし、金銭面で魅力的な面も確かにあります。

ただ、そのメリットよりも住民の民度が低くストレスを与えられる可能性が高いデメリットの方が遥かに強烈なので、敷金礼金なしのマンションやアパートへの入居を考えてる方は、熟考に熟考を重ねて判断してみてはいかがでしょうか。

僕の個人的な意見としては絶対やめといた方がいいと思います。

 

以上、愚痴みたいな記事になっちゃいましたが、敷金礼金のないマンションを検討している方の参考になれば幸いです。

長々と読んでいただいてありがとうございました。

また暇なときにでも覗いてみてくれたら嬉しいです。

 

ではでは。

ローコスト建て売り住宅に1年住んでみた感想 ※購入前に検討すべきポイント

こんにちは。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

年明け早々、今日は建て売り住宅について語っていきます。

 

 

まず、僕は2018年の年末に建て売り住宅を購入しておりまして、それがいわゆるローコスト住宅ってやつなんですが、同じくローコスト系のハウスメーカーと悩んだ結果建て売りを選んでます。

建て売りのローコスト住宅という事でやっぱり耐久性や品質といったところで不安点も多かったですし、まだ1年しか住んでないので今後どうなるのかという意味で今も不安ですが買って良かったと思っています。

きっと1年前の僕と同じように建て売り住宅を検討してる方も大勢いると思うので、体験談を綴っていきたいと思います。

 

上に書いた通り、最初はハウスメーカーで考えていたので引っ越しを考えてから3ヶ月ほどハウスメーカーに通ってました。

ハウスメーカー巡るだけでお菓子やクオカードもらえたり得した気分になりますが、半端なく連絡しつこい営業もいたりして結構めんどくさいので、あんまり候補は増やさない方がいいです 笑

 

それで、いざ本命のハウスメーカーを決めて話を進めていくんですが、少ない予算で考えると、とにかく土地が決まらないんですよね。

 

正直これが建て売りに切り替えた理由の全てです。

営業に土地を探してもらうんですが、「こんなの狭すぎて車停めれないじゃん」とか、周りを見た時に「めちゃくちゃ住民の民度低そうな感じがするんだけど…」とか初見で却下決定レベルの土地しか紹介してくれません。

予算上げて探してもらってもやっぱり駄目。

まぁハウスメーカーとしては安い家建てる客に高い家建てる客の選択肢になるような土地は提供したくないでしょうから、当然っちゃ当然ですよね。

 

そんなわけで3ヶ月無駄にしてから建て売り探しに切り替えたんですけど、選択肢はやっぱり圧倒的に多かったです。

既に出来上がってるので住んでみるイメージも持ちやすいですし、この土地だとハウスメーカーじゃ2、3百万は高く付くだろうなって物件が多くて、少ない予算で考えた時にこの差はめちゃくちゃ大きな魅力になります。

 

そこから買う家を決めてからは早かったですね。

そんなに急いだわけじゃないですが住宅ローンの審査や色んな話し合い、荷物の整理等含めて、決めてから引っ越すまで2ヶ月もかからなかったです。

 

 

前置きが長くなりました。

結局引っ越して1年生活してどうだったかって話なんですが、正直、不満点は一つ除いてほとんど無かったです。

 

安いと言っても新しい家なので設備は充実してますし、安いなりに見映えもなかなか悪くないです。

じゃあその一つの不満点が何かというと壁やドアがめちゃくちゃ薄くて遮音性が絶望的に低い事です。

壁とか何かの弾みで強く叩いちゃったら即効穴空くんじゃないかと不安になる薄さで、隣の部屋のいびきとか大音量で余裕で聞こえますし、ドアもペラペラで軽くて「これがローコストか…」という気分にさせられます。

 

それらに起因する問題が遮音性の低さになってくるわけですが、これはもう引っ越す前に意識しといた方がいいです。

例えば、引っ越し前に家族の誰がどの部屋、位置で過ごすかを決める際に、1階2階の同じポイントにテレビを置くのはなるべく避けた方がいいです。

ちょっと音量上げるともう半端なく音聴こえますし、いかがわしいDVDとか見れません 笑

常にテレビを見る家族がいるなら、他の家族の生活圏とは少しでもポイントはずらした所にテレビを置いた方がいいです。

出来れば内見会に家族で行って1階2階の同エリアで音を出してみたりするとわかりやすいと思います。

防音カーペットやイヤホン、ヘッドホンを用意するのも手ですね。

 

そして、家族間よりも問題なのはその家の周辺環境です。

  • 道路族がいないか
  • よく吠える犬がいないか
  • 隣家は大音量で音楽をかけたりしないか

この辺は購入前に営業にリサーチしてもらった方が絶対いいです。

営業は内見会で長い時間その家にいたりするので、上のような問題があれば気付く可能性もあります。

幸い僕の家の周辺はそれほど音を出す人はいなかったので良かったですが、もし上のような環境だと思うとゾッとするぐらい遮音性は低いです。

 

 

といった感じで遮音性は非常~に気になるポイントではありますが、他は特に不満点もなく、新しく綺麗な家で暮らすというのは素敵な事で、心底引っ越して良かったなと感じてます。

「建て売りは10年15年で外壁が~」みたいな話も聞きますが、そこまで先の事考えられないですし、その時までに頑張ってお金を貯めるしかないですね。。

 

 

結論として、安い建て売り住宅はトータルでそんなに不満ないけど遮音性はヤバいから対策してから引っ越した方がいいよってだけの話ですが、ここは本当に意識してた方がいいと思います。

 

以上、建て売り住宅を検討してる方の参考になれば幸いです。

長々と書いていきましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

また暇なときにでも覗いてみてくれたら嬉しいです。

 

ではでは。

映画館のバイトってどうなの? 体験記

こんにちは。

今回は副業から離れて自身が昔経験した仕事について綴っていきます。

 

まずは映画館のバイトについてです。

映画館スタッフというのは数あるバイトの中でもなんとなく特殊性を感じて興味がある方も多いんじゃないでしょうか?

僕は昔、3年ほど映画館のバイトをしていた時期があったので良いとこ悪いとこ含めて体験談として語っていきたいと思います。

 

まずは給料面ですが、これは地域にもよると思いますが、高くも安くもなく普通の所が多いです。

僕は地方寄りの映画館でしたが、他業種バイトの相場とたいして変わらない850円でした。

 

そして肝心の仕事の内容ですが、僕の働いていた映画館ではポジションが複数あってチケット販売フード販売厨房グッズ販売チケットもぎりフロアスタッフ映写スタッフの7つに分かれていました。

と言っても繁忙期やお客さんの多い土日祝日以外は一人二人で映写以外のほとんどをやる感じでした。

 

ちなみに平日は超絶暇です。

暇なので当然出勤してるスタッフも少なく、かなり退屈で時間が経つのがめちゃくちゃ遅く感じた記憶があります。

 

少し話が逸れましたが、仕事内容の説明をしていきます。

まず、チケット販売ですが、これはお客さんにどの映画を観るのか、どの席がいいのかを聞いてチケットを発券する係になります。

基本的になんて事はない仕事ですが、大作映画や大型連休時等は長蛇の列が出来上がりめちゃくちゃキツいポジションになります。

後ろに大行列があるにも関わらず席決めるのにめちゃくちゃ時間かける空気の読めない客だったり、こんな時に限って見たことのない謎の金券を持ってくる客だったり、上映に間に合わずキレ出す客が現れたりなかなかストレスが溜まるポジションです。

あと、お金を扱うポジションなので違算を出さないよう気を付けないといけません(違算出す人は結構な頻度で出します)。

 

次にフード販売ですが、これはそのまんまフードの注文をとって精算する係です。

あとは機械からカップにドリンクを注いだり、ポップコーンの袋詰めをしたりしてお客さんに渡します。

チケットを買ったお客さんが流れてくる構図なので、チケットに列が出来てると必然的にフードも忙しいです。

注文を記憶してホットドッグをレンジで暖めながら、チュリトス焼いて、ポップコーン袋詰めしてドリンク注いで~とかせわしなく動くポジションです。

 

厨房はポテトや唐揚げなどの揚げ物を揚げたり、インカムで指示された売り場の在庫切れ食材の補充をしたりします。

動けるときにはフード販売の補助をしたりもしますが、基本的に厨房にいるので繁忙期の仕事としては当たりポジションです。

 

グッズ販売はパンフレットや映画グッズの販売スタッフで、これに関してはレジだけですし、凄まじい列が出来たりもまずないのでかなり楽です。

只し、手が空けばフード販売に回ることになるので、楽と言っても一時のものでしたが。。

 この辺は各売り場の配置によるので映画館によってまちまちだと思います。

 

チケットもぎりというのは、上映時間が近づいた映画の入場開始をアナウンスして、入場するお客さんのチケットを切っていく係です。

ブランケットが必要なお客さんにブランケットを渡したり、入場特典がある映画の場合は特典グッズを渡したりもします。

これは基本的にチケット切るだけなので楽々です。

 

 フロアスタッフ映写スタッフとインカムで連携しながら映像チェックや各劇場入り口のゴミを集めたり、上映終了後の劇場内の清掃、劇場入り口のポスターを上映作に合わせて交換したりします。

何か楽そうに感じるかもしれませんが、繁忙期の場合はかなり忙しくキツいポジションです。

映像チェックは上映時間に合わせてちゃんと映ってるかを見るだけなので簡単ですが、人気作終了後のゴミ交換と清掃がありえないぐらいキツいです。

ゴミはもう完全にゴミ箱の容量オーバーで溢れ返してたりしますし、劇場内の清掃を次の時間帯の映画の上映が始まるまでの2、30分ぐらいの間に終わらせなければいけないんですが、子供向けの人気アニメ上映後の劇場内はもう地獄絵図です。

床にポップコーンが散乱し、運が悪いとドリンクもこぼされてますし、ゴミもめっちゃ放置されてたり。

当然そんな状態をすぐ綺麗に出来るわけもなくインカムで応援を頼むわけですが、繁忙期+欠員が出てたりすると「忙しくて応援出せないからなんとかして!」なんて事もあったり日によっては完全に無理ゲーでした。

 

最後に映写スタッフですが、これは上映開始、終了時間に映写機のスイッチを押すだけなので作業自体は楽々ですが、時間は絶対に忘れてはいけないのでアラームをたくさんセットしておかないといけません。

僕のいた映画館は映写専門のベテランスタッフが数人いてその人達で回してた感じなのでやった事はないですが、映写ルームの広大な薄暗い空間に一人でいれるのが凄く落ち着きそうで羨ましかった記憶があります。

 

 

以上がメインの仕事紹介ですが、他に映画館ならではの仕事としてポップコーン作りがあります。

と、言ってもポップコーンマシンに豆を入れてポップコーンになるのを待つだけなんで難しい事はありません。

ただ、キャラメル味を作る時がなかなか辛くて、何が辛いかと言うと匂いがとれなくなるんですよね。

作業終了後に入念に手洗っても普通に一日ぐらい匂い消えません 笑

なのでキャラメルに関しては結構罰ゲーム感がある作業でした。

 

 

長々と書いていきましたが、基本的に超人気作公開中の休日のみ特別忙しい感じですが、その時期の忙しさは他のバイトではなかなかないぐらいの忙しさになると思います。

ドラえもんとかディズニーのヒット作公開中とかはえげつないです…。

当時は「850円とか全然割にあわねー」と思いながら働いてましたが、普段の暇さを考えるとそんなもんかなと思います。

 

ちなみにスタッフ層としては大学生フリーター主婦のパートさんがメインでした。

映画館によるでしょうけど、暇な時は喋れる時間が多かったり、ポジション被った時に二人きりになったりでコミュ力が高い人はいい感じに青春を送れそうな環境だと思います 笑

 

 

今では色んな部分で自動化が進んでたり、映画館自体の構造でだいぶ変わるとは思いますが、映画館のバイトを考えてる方の参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

また暇なときにでも覗いてみてくれたら嬉しいです。

 

ではでは。

せどりとは? 向いてる人はめちゃくちゃ稼げる!?

こんにちは。

前回に引き続き今回も副業について語っていきます。

 

今回の題材はせどりです。

これ、聞いたことある人も多いんじゃないかなと思うんですが、何かと言うと要は転売です。

お店のセール品だったり、在庫処分品、品薄品なんかを安く仕入れてネット上で売るわけです。

そのお店ではセールやってたり在庫処分扱いでも、全国全てのお店がそうなってるわけではないので普通の価格でも需要があるって事ですね。

 

で、どうやるかと言うと、各お店の値札に隠された意味を調べておいて、特別安くなってる率が高い値札の商品をチェックしていくわけです。

ちなみに作業自体はせどり専用のツールなんてものまであってそこまで難しくはないです。

 

例えば、「モノレート」というツールを使えば、その商品がAmazonで過去にどのぐらいの値段、頻度で売れてきたかや、ライバルとなる出品者が現在何人いるか等が全てわかっちゃいます。

「なので、これは利益出るけどなかなか売れそうにないな」とか「出品者多すぎて値崩れしそうだな」とか判断する事が出来るわけです。

 

ガチでやる場合はバーコードリーダーを使って片っ端から商品をスキャンしていって利益商品を探す感じになりますが、僕は正直周りの目が気になってキツかったので、手動で型番打ち込んでリサーチしてました。

 

で、利益商品ってそんなにたくさんあるの?って話なんですが、初心者の僕の体験で言うと正直あんまり見つからないです。

もちろんコツを掴んでる方や、プロのせどらーさんはバンバン見つけられるのだと思いますが、始めてすぐ稼げるって事はない気がします。

 

なのでせどりでガチで稼ぐって事に関しては割と一瞬で挫折してしまったんですが、個人的には割と鉄板だなってやり方も2つだけ見つけてあって、それを紹介していきます。

 

まずは1つめは「ワゴン品せどりです。

皆さんも見たことあると思うんですが、家電量販店やホームセンターによくワゴンの中に投げ売りされてる商品がありますよね?

あの中を調べてみると結構な確率で利益商品が混ざってます。

種類的にそこまで大量にないので割と素早く調べられますし、何より場所が決まってるので初心者的には一番やりやすいかと思います。

月数回だけでも平日の会社帰りとかに寄ってみると人も少なくて調べやすいですし、それなりのお小遣い稼ぎは出来ると思います。

 

そして、2つめは「閉店セールせどりです。

これはそんなにしょっちゅうあるわけではないですが、お店の種類によってはかなり利益が出せる可能性があります。

僕の体験談で言うと近くの釣具店の閉店セールで10万程稼げました。

多分大型のチェーン店とかだと閉店しても他店舗に商品を移せるのであまり美味しくないんですが、その釣具店は県に2、3店舗あるぐらいの規模だったので90%OFFとかの商品も結構あってめちゃめちゃ稼げました。

なので、これに関しては下記のサイトで情報を得れるので、たまにチェックしてなるべくアンテナを張っといた方がいいと思います。

 

kaiten-heiten.com

 

仕入れた商品の販路としては、「Amazon」、「メルカリ」、「ヤフオク」、「ラクマ」、「ジモティー」等々選択肢はたくさんあるので、興味がある方はまずは家の不用品なんかを売ってみて送料や発送方法の知識を付けとくとスムーズに入れると思います。

 

 

最後にオススメ度ですが

 

個人的★★☆☆☆

客観的★★★★☆

 

こんな感じになります。

個人的にはどうしても仕入れ時に周りの目が気になってしまうのと、その後の仕入れ品の在庫置き場管理、お客様とのやり取り、梱包、発送作業の連続が辛かったので低めです。

 

只、客観的に見ると収益も高めで再現性も高いので作業に抵抗がない人には非常にオススメ出来る副業だと思います。

初心者目線で言うとワゴンのやり方だけでも月数千~1万ちょいぐらいの利益はとれると思うので、そこから始めてみるのもいいんじゃないでしょうか?

 

 

今回は以上となります。

長々と読んでいただいてありがとうございます。

また暇な時にでも覗いてみてください。

 

ではでは。

誰でも出来るお手軽副業 アンケート、感想文等

こんにちは。

 

前回は副業について語っていきましたが、今回は具体的にどういった副業があるのかというのを個人的なオススメ度と、出きるだけ客観的に見たオススメ度という形で書いていきます。

 

まずは本当に誰でも出来る副業という事で「アンケート回答」「感想文を書く」「ネーミング」という副業です。

これだけ言われてもいまいちよくわからないと思いますが、これらはマクロミルアンとケイトといったアンケートサイトやランサーズクラウドワークスといったシステムエンジニア向けのクラウドソーシングサイトで募集されている仕事です。

www.lancers.jp


 

これらのアンケートサイトや、ランサーズやクラウドワークス等であれば「タスク、作業」といったカテゴリーで検索するとたくさん出てきます。

 

どれもそのまんまではあるんですが、個々で解説していくと「アンケート回答」は例えば「○○の商品に関するアンケート」だったり「あなたの私生活について」みたいな感じで色々な題材があります。

一瞬で終わるものから20分近くかかってしまうようなものまでありますが作業自体は用意されたアンケート項目に答えるだけなのでめちゃめちゃ簡単です。

 

肝心の報酬はというと、数円~数百円ぐらいが多いです。

一瞬で終わるものに関しては数円でも全然ありですし、数十円とかだと結構美味しいです。

ただ、大体は説明文読んで作業してってなると最低でも2分はかかるので時給換算しちゃうと悲しい額になるものが大半です。

それでも作業自体はすぐ終わってどこでも出来るので、通勤通学のバスや電車の中だったり、何かの待ち時間だったり、夜ベッドに入って眠くなるまでやってみたりとかで毎日やってれば月数千円にはなるかと思います。

 

ちなみにアンケートサイトの場合は一部を除いて換金率が人を馬鹿にしたかなり控えめな倍率なのであまりオススメはしません。

 やるとしたら換金率が1倍の物だけにしときましょう。

上に書いた2つに関しては1倍なので悪くありません。

それでも 個人的にはクラウドソーシングサイトの方で100円越えるような条件のいい案件を拾う方がオススメです。

 

「感想文を書く」これに関してはアンケート回答よりは若干めんどくさいです。

「○○をやってみた感想を書いてください」みたいな感じなんですが、「200文字以上で書いてください」等の制約がついてる事が多くて割に合わないものも多く、若干ライティング寄りです。

 

これも報酬は数円~数百円が多いですが、アンケートよりは平均的に高めではあります。

ただ、アンケートより時間がかかるものが多く必ずしも条件がいいというわけではありません。

 

最後に「ネーミング」ですが、これはやや特殊なものになります。

「新たに会社を作るので名前を考えてください」、「新商品の名前を考えてください」みたいな感じなんですが、これは採用されてはじめて報酬が出るというものなので、頑張って考えたけど何もなかったっていうのが普通です。

 

ただ、報酬自体は高く数千円~数万円ぐらいで、2万円前後が多いです。

なので、いい名前を閃けば応募しとくのもありだと思います。

 

 

最後にオススメ度ですが

個人的★☆☆☆☆

客観的★☆☆☆☆

 

といった感じです。

副業として見るにはどうしても単価が低すぎてオススメは出来ないですが、それでも完全な空き時間にサクッと出来て一応お金も入るということで塵も積もれば的な思考で頑張れる方には悪くないかもしれません。

 

ちなみにクラウドソーシングサイトでは他にも誰でも出来る作業として「データ入力」、「出品代行」、「メッセージ代行」等色々な作業がありますので興味がある方は是非やってみてはいかがでしょうか?

 

 

次回も引き続き副業について書いていこうと思っていますので、興味があれば覗いてみてもらえたら嬉しいです。

長々と書いていきましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

ではでは。