掴むべきを掴み、避けるべきを避けられる人生に

益を掴むための行動と、避けられた筈の失敗体験を発信することで誰かのささやかな助けになればと思っています。

サッカー懐かしの名選手⑦ 【アレクサンデル フレブ】

こんにちは。

 

今日はサッカー懐かしの名選手⑦という事で、往年の名選手について書いていきます。

 

僕は昔海外サッカーを観るのが大好きだった時期があったんですが、自分が若かった頃に好きになった選手というのは今でも思い入れがあり、たまに検索したり動画を見てみたりすることがよくあります。

 

社会人になり、時間に余裕がなくなるにつれて、試合開始時間に時差のある海外サッカーを観る事がめっきりなくなりましたが、僕以外にもそういう方はきっと多いと思います。

 

なので、今回もそういった方が読んで懐かしくなるような選手について語っていきたいと思います。

 

海外サッカーファン、それも結構昔から観てる方にしかわかりにくい記事なので、コアな需要になってきますが、興味がある方は是非見ていってください。

 

アレクサンデル フレブ 

今日紹介するのは、現役時代シュツットガルトアーセナルで活躍したベラルーシ代表アレクサンデル フレブ選手です。

 

左右両足の細かなタッチを活かしたボールキープと、爆発的な加速を活かした仕掛けで相手組織を大混乱に陥れる、稀代のドリブラーでした。

シュツットガルト時代、初めて観た時のインパクトは絶大で「なんだこのチート選手は」と思うぐらい圧倒的なプレーを見せていたのをよく覚えています。

 

アーセナルではプレミアのレベルに順応するのに時間がかかりましたが、3年目から本領を発揮し、これからというところでバルセロナに移籍。

この移籍を機にキャリアは急降下を辿る事となりましたが、個人的にはトップクラスに好きな選手で、プレーを観るのが最も楽しみだった選手です。

 

国籍.ベラルーシ

生年月日.1981年5月1日(プロキャリア.1998-2019)

身長体重.185cm.75kg

 

クラブキャリア

ディナモ・ユニ・ミンスク(1998)

BATEボリソフ(1998-2000)

シュツットガルトⅡ(2000-2001)

シュツットガルト(2001-2005)

アーセナル(2005-2008)

バルセロナ(2008-2012)

シュツットガルト(2009-2010レンタル)

バーミンガム(2010-2011レンタル)

ヴォルフスブルク(2011レンタル)

クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ(2012)

BATEボリソフ(2012-2013)~コンヤスポル(2014)

ゲンチレルビルリィ(2015)

BATEボリソフ(2016)

クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ(2017)

BATEボリソフ(2018-2019)

FCイスロチ・ミンスク・ラヨン(2019引退)

 

あまりに多いので縦書きにしました。

どんだけ移り歩いてんだって感じですが、バルセロナ移籍後は本当に日の目を見ることがなくなり、輝きを失ってしまいました。

実は結構色んな選手にクソ野郎呼ばわりされていたり、邪推ですが移籍の多さはその人間性も背景にあったのかもしれません。

 

ポジション

一番輝くメインポジションは中盤右サイド。

それ以外にも中盤左サイドやトップ下でも上質なプレーを見せていました。

 

アーセナル時代はセカンドストライカーでの起用や、バルセロナ時代はウインガーセントラルミッドフィルダーとしての起用もありましたが、これらは持ち味を消していた感があり、適性とは言い難かったです。

 

どんな選手?

長所

  • 左右両足を自在に使ったドリブルスキル
  • 相手のプレスに全く動じない余裕
  • 圧倒的なキープ力
  • 爆発的な加速
  • 左右両足で蹴れる正確なパス
  • 豊富な運動量
  • 頻繁に削られるプレースタイルながら怪我が少ない
 
最大の武器はドリブルのスキル。
身のこなしは結構バタバタしているように見えるんですが、タッチは細かく、キープして時間を作ったり、カットインも縦突破もどちらもいけるという、ドリブルに関しては本当に全てがハイレベルな選手でした。
 
利き足は右ですが、ボールの持ち替えから仕掛けのタッチまで左でも遜色なく行う事が出来、どちらかを切っておけばいいという選手ではなく、対応は非常に困難なレベルでした。
基本的にはボールを晒して、飛び込んできた相手をかわすようなリアクション型のドリブルスタイルですが、スピードもあり、自分主導の仕掛けの突破力もかなりのレベルでした。
公称185センチというのは多分鯖を読んでますが、ドリブラーとしては長身で、サイズに見合わない初速の速さと相まって、見ていて唯一無二な感覚を覚える選手でした。
 
アーセナル時代はドリブラーとしての一面に加え、パサーとしての資質も目立ち始め、相手陣深くでドリブルしながら常にパスコースを探し、左右両足から繰り出す精度の高いパスでチャンスを演出していました。
 
また、シュツットガルト時代は結構サボっていましたが、アーセナルではスペースへのランニングや、守備の意識も高く、運動量が多かったです。
怪我にも強く、シュツットガルト時代一番輝いていたシーズンでは2位に大差を付けてリーグ内で断トツの被ファール数でしたが、負傷する事はほとんどなくチート感を増幅する要素となっていました。

 

短所

  • 得点力は極めて低い(シュートを撃たない)
  • 球離れが悪い時もある
  • 好不調の波がある

 

「ゴールよりアシストの方が喜びを感じる」なんて発言もありましたが、シュートを撃てる場面でも、縛りプレーを課しているとしか思えないレベルでラストパスを選択する面があり、今ほど中盤に得点を求められていなかった当時でも、得点力の低さは評価を下げる要因となっていました。

シュツットガルト時代は137試合で13ゴール、アーセナル時代は89試合で7ゴールと、平均して10試合で1ゴール未満というのはアタッカーとしてはかなり厳しい数字と言わざるを得ません。

そのくせ、たまに思い出したように放つシュートは左右どちらでも普通に強烈な事が多く、もっと撃てばいいやん…と歯がゆい気持ちになったのを覚えています。

 

得点力に比べれば些細な問題ですが、圧倒的なキープ力の裏返しで球離れが悪い時もあり、調子が悪い時期なんかはここが批判の対象となることも多かったです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

シュツットガルト時代はベッケンバウアーバラックに「ブンデスで最高の選手」、「フレブがバイエルンに来たらビッグイヤーも獲れる」と言わしめる程圧倒的なプレーを見せてました。

 

その後、アーセナルに移籍し3年目の07/08シーズン、ロシツキー、セスク、フラミニと形成したスパイスボーイズ時代のプレーは素晴らしい出来で、アーセナルの未来に夢を見た方も多かったんじゃないでしょうか。

 

その後、バルサからレンタルされていたバーミンガム時代のプレーを見た時は、ルーズボールの競り合いで相手の鈍足センターバックに走り負け、後半開始早々には疲れ果てている姿を見て悲しくなったのを覚えています。

当時は、バルサ移籍がなければというIFストーリーをよく妄想していました。

 

かなり昔の選手で、実力の割に知名度がいまいちなせいか動画は非常に少ない選手ですが、興味がある方は是非youtube等でチェックしてみてください。

 

 

以上、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

引退した選手の記事を書いてみましたが、現役時代を知るサッカーファンの方が懐かしい気持ちになってもらえたら嬉しいです。

 

このブログではジャンルを絞らず色々な体験記や個人的なお薦め等を書いてますので、よければ他の記事も覗いていってもらえると嬉しいです。

 

ではでは。

 

↓関連記事

www.ceska.work

 

www.ceska.work

 

www.ceska.work

 

 

www.ceska.work

 

 

www.ceska.work

 

 

www.ceska.work